防災の決まり事

  1. ホーム
  2. >
  3. 防災の決まり事

点検・報告Q&Aなぜ必要なの?いつすればいいの?罰則って?

消防設備の点検の必要性

防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、設置された消防用設備等を 定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告する事が義務づけられています。
(消防法第17条の3の3、第17条の4)

建物には、各種の消防用設備等が設置されていますが、平常時に使用することがないため、いざという時に確実に作動して機能を発揮するかどうかを日頃から確認しておくことが重要です。
せっかく良い設備を付けていても作動しなければもったいないですよね。

点検の時期

機器点検:6ヶ月ごと総合点検:1年ごと

報告の期間


罰則

点検報告義務違反
点検結果の報告をせず、又は虚偽の報告をした者は30万円以下の罰金又は拘留
その法人に対しても上記の罰金
(消防法第44条第11号、45条第3号)

ご相談などお気軽にお問い合わせください。TEL:078-241-3505迄 メールでのお問い合わせはこちらから

消防設備点検・工事の施工写真

  • スプリンクラー設備
  • 屋内消火栓設備
  • 屋外消火栓設備
  • 泡消火設備 PFOS調査
  • 連結送水管
  • 連結散水設備
  • パッケージ型自動消火設備
  • その他工事

防災の決まりごと 防災の決まりごと

消火設備の点検

  • ビルマンションオーナー様
  • 飲食店オーナー様
  • 一般住宅向けのご提案
  • 消火器のご提案

KOBOSHA神戸本店

〒651-0071
神戸市中央区筒井町2-3-22

TEL 078-241-3505(代) FAX 078-241-3506

KOBOSYA大阪店

〒531-0075
大阪府大阪市北区大淀南2-6-4 SAGAWAビル602号

TEL 06-6455-5001 FAX 06-6455-5002

KOBOSYA姫路営業所

〒670-0845
姫路市城東町京口台74 京口駅前ビル103号

TEL 079-262-6465 FAX 079-262-6466