防災の決まり事

画像

消防設備の点検の必要性

画像防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、設置された消防用設備等を 定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告する事が義務づけられています。
(消防法第17条の3の3、第17条の4)

建物には、各種の消防用設備等が設置されていますが、平常時に使用することがないため、いざという時に確実に作動して機能を発揮するかどうかを日頃から確認しておくことが重要です。
せっかく良い設備を付けていても作動しなければもったいないですよね。

点検の時期

画像機器点検:6ヶ月ごと
総合点検:1年ごと

報告の期間

● 特定防火対象物 1年ごとに1回
● 非特定防火対象物 3年ごとに1回

罰則

点検報告義務違反
● 点検結果の報告をせず、又は虚偽の報告をした者は30万円以下の罰金又は拘留
● その法人に対しても上記の罰金
(消防法第44条第11号、45条第3号)

お問い合わせ

採用情報