事業紹介(消防設備点検保守)

点検について  ◆種類と機能  ◆消火器出張交換・処分

消防設備点検

消防用設備点検とは

消防用設備等の点検について

①消防用設備点検の制度

消防用設備等を設置することを消防法で義務づけられている
防火対象物の関係者は、その設置された消防用設備を定期的に点検を実施し、その結果を
消防長または消防署に報告する義務があります(消防法 17 条 3 の 3 による)

点検が必要な設備

消火器

屋内消火栓設備

非常ベル

その他にも自動火災報知設備、スプリンクラー、誘導灯など消防法令に基づき設置されている建物は、点検・報告が必要です。

②点検の種類と期間

機器点検 6ヶ月に 1回

総合点検 1年に 1回

つまり年 2 回の機器点検と年 1 回の総合点検が必要です。 通常は 1 年間に機器点検と機器点検&総合点検を合わせた機器総合点検とで 年 2 回実施します。

③ 点検結果の報告

点検を行った結果を消防長または消防署長へ提出します(総合点検実施分)

特定防火対象物 1 年に 1 回

非特定防火対象物 3 年に 1 回

消防用設備の種類と機能

画像

●消火設備

消火器

画像火災の初期消火 に用いる器具。
持ち運び出来、操作方法も簡単です。消火薬剤を放出し消火します。
また火災の種類に応じて、様々な消火薬剤の種類があります。

屋内消火栓設備

画像火災の初期消火を目的としたもので、人が操作する設備です。
ホースより水を放水し、消火します。
2人で操作するものと 1 人で操作できるものがあります。

スプリンクラー設備

画像火災を早期に感知し、
自動的に消火する 設備です。
火災を感知すると天井についているスプリンクラーヘッドより水を放出し消火する、極めて有効な手段です。

泡消火設備

画像駐車場やヘリポートなどの水による消火方法では効果が少ないか又はかえって火災を拡大するおそれのある場所に設置される設備です。
駐車場では主に「フォームヘッド」という泡放出口が使用されます。

不活性ガス消火設備

画像電気室や美術館、精密機械、電気通信機室等に設置されるもので、消火剤による汚損が少なく、復旧を早急にすることが必要な施設に設置されるものです。

粉末消火設備

画像消火器と同様の消火薬剤を使用し広範囲に渡り消火する事が出来ます。
主に駐車場に設置されています。
固定のヘッドより放出される固定式と自分でホースを伸ばして使用する移動式の2 種類があります。

消火器出張交換・処分

画像 画像

新品消火器と古い消火器の交換サービス

新品消火器の納品、設置から不要消火器の引取りまで、お客様のご面倒な作業を知識と経験豊富な弊社の消防設備士がすべて行います!

画像

古い消火器にご注意ください!
消火器の処分はまちがっても燃えないごみとして出してはいけません。 正しくリサイクルするためにも弊社までご連絡ください。

消火器の耐用年数は一般的な消火器の場合には5年~8年、エアゾール式簡易消火器(スプレー式)では3年と設定されている場合が多いです。気が付かずに耐用年数を経過していることも多々ありますので、一度ご確認をお願いします。

種類の選定

消火器には消火薬剤や大きさが数多くあります。その中から最適な商品をご提案いたします。

古い消火器を同時回収

商品お届け時に、古い消火器を同時に回収します。

消火器回収のみもOK

古い消火器の回収・処分のみでも承ります。 弊社まで持ち込んでいただくことも可能です。

マンション・集合住宅などのオーナー様もご相談下さい!

○消火器が古くなったので交換したい
○費用を抑えたい
○購入した消火器を入れ替えする手間を省きたい

そんなオーナー様、ぜひ一度弊社にご相談ください!

特定窓口業務開始

画像

消火器リサイクル推進センターより、
廃消火器を引き取る窓口として認定されました。

• 「特定窓口」に認定されると、廃消火器(リサイクルシール付)を指定の引取場所に持ち込むと、別途費用無で引き取ってくれます。
• 他にも,消火器工業会員の各メーカーに引取を要請することもできます。

廃消火器リサイクルシステムの流れ

画像


●警報設備

自動火災報知設備

画像火災による熱や煙を感知器が自動的に感知し、警報ベルなどで建物内の人達に火災を知らせる設備です。

消防機関へ通報する火災報知設備

画像火災が発生した場合、電話回線を使用して消防機関へ自動的に通報すると共に、通話を行う事が出来る装置です。
自動火災報知設備と連動又は手動でも通報出来ます。

非常警報器具及び設備

画像非常時に警報を鳴らす器具又は設備です。
人がボタン(発信機)を押すなどして起動(ベル・ブザーを鳴らす)させます。
非常警報設備は、非常用放送設備の事をさします。

●避難設備

避難器具

画像火災で避難階段等の避難経路が使用出来なくなった場合に避難器具設置階から避難階まで避難出来るようにする設備です。
避難はしごや救助袋、すべり台等があります。

誘導灯及び誘導標識

画像避難を容易にする為に、避難口や避難方向を指示する為の照明設備 です。
普段は常用電源により点灯し、火災による停電などの非常時には自動的に非常電源に切替り、暗闇でも光るようになっています。

●消防用水

消火の目的で用いられる水をいい,広い敷地に存する大規模な建築物での延焼段階の火災を消火するため
消防隊が消火活動上の水利を得るためのもので,防火水槽,プール,池等常時規定水量以上の水量が得られるものを言います

画像

画像

画像

●消火活動上必要な設備

排煙設備

画像建物内で火災が発生した場合に生じる煙を有効に排除させるための設備で,自然排煙設備(排煙窓)と機械排煙設備があります。

連結送水管

画像消防隊が本格的な消火活動を行う際に消火用の水を火災が発生した階まで送水するために、高層建築物、地下街等に設置される設備です。
送水口、放水口、放水用器具格納箱等から構成されます。

非常コンセント

画像消火活動を行う消防隊が有効に活動できるように、
専用として使うコンセントです。


ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

078-241-3505

お問い合わせ

採用情報